体のめぐりを整える。夏こそ湯船に浸かって健康美人に

2018.08.16

暑さが厳しい夏の季節は、湯船に浸からずシャワーだけで済ませるという方が多いでしょう。
しかし、夏の体は私たちが想像している以上に冷えているもの。夏こそゆっくりとバスルームでくつろぎ、体を温めることが健やかな体と肌を手に入れるための秘訣です。
そこで今回は、夏に湯船に浸かるべき理由や、夏のバスタイムを極上の時間にするためのアイディアをご紹介いたします。

夏こそ湯船に浸かるべき理由とは?

夏の炎天下にいると体が火照って暑さを感じずにはいられませんが、ひとたび建物の中に入れば冷房によって汗が引き、体がクールダウンしていきます。
適温の冷房であれば体が冷えすぎることはないものの、オフィスビルや商業施設などでは必要以上に冷房が効いているケースが多いです。
すると体がどんどんと冷えていき、血液のめぐりが低下してしまいます。
血液のめぐりが低下すると、むくみやくすみ、ターンオーバーの乱れなど、あらゆる不調が起きやすい状態になるのです。

また、夏は冷たい飲み物や食べ物を摂取する機会が増えます。もちろん水分補給は大切ですが、あまりに冷たいものばかりを摂取していると体の中から冷えてしまうもの。
これも血液のめぐりを低下させる原因になるため、体調や美容に悪影響が及びやすくなります。
この夏の体の冷えによる不調を防ぐためには、38℃程度のぬるま湯にゆっくりと浸かり、身体の芯から温めることが大切です。ぬるま湯にゆっくりと浸かることで体が温まることはもちろん、自律神経が整って副交感神経が優位になるため、リラックス気分を味わうことも

夏のバスタイムを楽しむための3つのアイディア

1. 精油やアロマキャンドルで香りのいいバスルームに

夏のバスタイムを楽しむためには、香りの効果を使って爽やかな空間を演出しましょう。
スッキリとした香りのアロマを選べば、蒸し蒸しとしがちな夏のバスルームに爽やかな香りが充満し、涼しげな雰囲気の中でバスタイムが楽しめます。
ペパーミントやレモングラス、グレープフルーツなど、清涼感のある香りの精油やアロマキャンドルを選ぶのがおすすめです。

2. 手作りのデトックスウォーターで水分補給を

しっかりと時間をとって湯船に浸かると、知らず知らずのうちにたくさんの汗をかき、体から水分が抜けていきます。水分不足を防ぐためにも、入浴前と入浴後には水分補給が必須です。
そして、このときに飲む水に少し工夫を取り入れましょう。
ミントやキウイ、レモンなど、好きなフルーツなどを一口サイズの大きさに切り、ミネラルウォーターの中に入れて、デトックスウォーターを作ります。
これをあらかじめ作っておき、入浴前と後に飲めば、バスタイム中まで楽しい気分が得られます。

3. ボディ、フェイスマッサージでさらに美しく

湯船に浸かりながらボディやフェイスマッサージをすることで、さらに血液が促され、老廃物が排出されやすくなるのでより一層むくみを解消しやすくなります。
まずは足裏からスタートし、体の下から上に向かってやさしくマッサージをしていきましょう。
あまり強く刺激しすぎると肌へダメージが加わってしまうので、適度な力で行ってください。
ただし、膝裏や足の付け根、脇の下などを刺激するときは手でこぶしを作り、少し力を入れてグリグリと刺激するのもOKです。
フェイスマッサージのときはさらに力加減に注意し、あまり摩擦しすぎないよう気を付けましょう。
 

 
夏のバスタイムには、思いがけないメリットがたくさんあります。
夏の入浴を習慣にして毎日コツコツと続けていけば、体調や肌に成果が表れてくれるはず。
“今日よりももっと美しくなる”をモットーに、夏こそ湯船に浸かってみましょう。