挑戦しやすい&続けやすい。朝食から始めるオーガニック生活

2018.08.24

私たちにとって食事は、生きていくうえでとても重要なプロセスです。
だからこそ、無添加や無農薬にこだわったオーガニックな食事が、以前から注目を集めています。

しかしオーガニック初心者だと、「どこから手をつけていいか分からない」「3食全てをオーガニックにするのは難しい」と二の足を踏んでしまうもの。
そのような悩みを抱えている方におすすめなのが、オーガニック朝食です。
今回は、どんな方でも始めやすいオーガニック朝食の魅力や作り方、アイデアなどをご紹介します。

オーガニック朝食の魅力・メリット

気軽に始めやすい

ボリュームのある昼食や夕食をオーガニックにしようと思うと、さまざまなオーガニック食材を用意する必要があります。
それに対して朝食は、昼食や夕食に比べると量が少なめ。メニューも比較的少なくていいからこそ、オーガニックにトライしやすいのです。

長期的に続けやすい

昼食や夕食は毎日メニューを変える人が多いもの。しかし朝食は毎日似たようなメニューでも、それほど苦を感じません。
オーガニック食材を一度手に入れれば、それを使って毎日オーガニック朝食を続けることができるのです。

オーガニック朝食のメニュー&作り方

オーガニックのグラノーラを利用して

日本でも、朝食の定番メニューとなったグラノーラ。そのグラノーラをオーガニック製品にすれば、それだけで健康的な朝食を手軽に楽しむことができます。
グラノーラには牛乳をかける方が多いと思いますが、オーガニックにこだわるなら、有機栽培の大豆で作られた豆乳がおすすめです。

有機冷凍フルーツでスムージー作り

最近では、通販でオーガニックの冷凍食品を気軽に買うことができます。

特に朝食におすすめなのが、有機冷凍フルーツ。スーパーではなかなか手に入らないオーガニックフルーツを、簡単に利用することができますよ。
冷凍フルーツはもちろんそのまま食べてOKですが、スムージーにしても◎。
甘みをプラスしたい場合は、オーガニックのはちみつを使いましょう。

オーガニックのオートミールであったかメニュー

温かいものが食べたい人には、オートミールを使ったメニューがおすすめです。
オーガニックのオートミールを、有機豆乳で煮込んでいただきましょう。
オートミールにはタンパク質、食物繊維、鉄分が豊富に含まれているので、栄養不足が気になるダイエット時にもおすすめです。おかゆのようにトロっとした味わいに、お腹も心も満たされるはずですよ。

 
オーガニックのオートミールであったかメニュー
 

朝食は、これから動く体のエネルギー源になる食事です。
寝起きの空っぽな体にこそオーガニックな食事を取り入れて、1日を気持ちよく元気にスタートさせましょう。