夏の疲れをリセットして 秋をここちよく迎えるセルフケアの話

2020.09.06

富田和美

ナチュラルセルフケアコーディネーターの富田和美さんによる連載コラム第三弾。
今回は、季節のうつろいを感じる今、夏の疲れをリセットして、
秋をここちよく迎えるための「セルフケア」について語っていただきました。

年々日本の夏が暑くなっていることには気づいていたけれど、
新しいウイルスと共存するようになって初めて迎えたこの夏は、さらに厳しい暑さの連続でしたね。
新しい生活スタイルへの不慣れも相まって、
いつも以上に夏の疲れを引きずっているなと感じている方も多いのではないでしょうか。

9月に入り、これからは気温も湿度も下がりどんどん秋めいていきます。
カラダのリズムがスムーズに季節の変化を受け止められるよう、夏に溜め込んだ疲れは早いうちにリセットしてしまいましょう!

そもそも、夏はなぜこんなに疲れるの?

一番の理由は、屋外と屋内の気温差と自律神経の関係。
私たちのカラダは、体外の気温に左右されることなく体温を一定に保てるよう常に自律神経で調整されています。
暑ければ汗をかき体内の水分を放出することで体温が上がり過ぎないようにし、寒ければ血流を巡らせて全身を温める。
健康な状態であれば、自律神経がいつでもこうやってカラダを心地よくチューニングしてくれます。

ところが、激しく暑い外とクーラーでキンキンに冷えた室内を1日のうちに何度も行ったり来たりする夏は、こまめにチューニング作業を繰り返すうちに激しく体力を消耗し、次第に自律神経のバランスが乱れ、カラダにあらゆる不調が生じやすくなります。

自律神経の乱れと暑さの関係とは?

自律神経がスムーズに対応できる気温差は5℃までと言われていますが、例えば今年のように40℃近い気温で、室内のクーラーを28℃に設定したとすると、気温差はなんと12℃!!
どんなにクーラーを調節して温度差を縮めたとしても、室内での熱中症の危険性もあるとなれば、それ以上設定温度を上げるわけにもいきません。

また、新たなウイルスによる生活環境の変化からストレスを感じている方が多い今年の夏は、例年以上に自律神経が乱れやすく、不調を招きやすい条件が揃っています。
カラダの怠さや浮腫み、手足の冷えや首肩の凝り、頭痛、腰痛、食欲不振や生理の不調、寝ても疲れが取れない、気分の落ち込みが激しい等々、、
思い当たることはありませんか?

夏の疲れをリセットする、毎日のバスタイム法

私たち日本人には、「入浴」という素晴らしい習慣があります。
「入浴は七病を除き、七福を招く」という仏教の教えがあるように、昔から日本人のカラダづくりに入浴習慣は欠かせませんでした。
入浴には単にカラダの表面を洗い清めるだけではない素晴らしいメリットがたくさんありますから、疲労感の多い夏の終わりのセルフケアには特に活用してほしいと思います。

バスタイムを活用する時のポイントは?

さて、どんなメリットがあるかというと…
まず、ゆったりと全身を湯船に沈めることで心地いい水圧がかかり血管はもとより、内蔵へも適度なマッサージ効果が生まれます。
それによって全身くまなく血の巡りが豊かになり、体温と免疫力が高まっていきます。
また、優しく包むような水圧がリラクゼーション効果を生み、カラダの緊張をゆるませ自律神経を落ち着かせてくれます。
のんびりお風呂に浸かるだけでこんなに様々なカラダの変化が生まれるなんて、使わない手はありませんね!

できる限り心臓への負担を軽くし、効率的に循環を高めるためのポイントとして、
・湯温は38〜40℃のなるべく低めの温度に設定する。
・エプソムソルトやブラックソルト、重曹とクエン酸を合わせた炭酸浴などナチュラルな素材の入浴剤を活用。
などを心がけて実践してみてください。

さらに、アウトバスでもセルフケアを。

入浴で充分温まりカラダがゆるんだら、最後にアウトバスでのセルフケアでお仕上げを。
足先を撫でる程度の簡単ケアなので、テレビを観ながらでもできますよ!

①クリームや乳液、オイルなどをたっぷり手に取り、足の甲〜ふくらはぎ〜膝、足裏、指先まで塗布する。
②手のひらで足の甲を指先から足首の方向へ向かって優しく撫で上げる。(8回×2セット)
③足の指と指の間を、手の親指と人差し指で痛気持ちいい程度の軽い力加減でつまむ。
 親指から小指方向へ順番につまんでいったら、今度は小指から親指方向へ戻る。
④足の親指と人差し指をつまみ、指の付け根を広げるように上下左右に思いっきり引っ張る。
 これも親指から小指方向までいったら、小指から親指方向へ戻る。
⑤手でグーをつくり、足裏全体をグリグリと痛気持ちいい圧で刺激する。
⑥両手のひらで、くるぶし〜ふくらはぎ〜膝に向かって優しく撫で上げる。
 手には力を入れずに、気持ちいいと思う回数を好きなだけ。

仕上げのセルフケアのポイントは、ひざから下を柔らかく解して流れを良くすること。
入浴で高まった体内の循環が、足先を解すことによってより持続します。
毎日続けると、体内に溜まった疲労物質や老廃物を外へと排出しやすくなり、どんより重だるかったカラダが日に日に軽くなっていきますよ!

日々起こるカラダの怠さや不調は、体内の状態を知らせるためにあなた自身から送られた信号です。
病気というわけではないけれど、日頃の疲れの積み重ねが後々大きな病に繋がることだって多いにあります。
日々のカラダからの信号をキャッチして、気づいた時にすぐ対処できるように、いつでも自分を見直せる習慣を日常の中にさりげなく用意しておきたいですね。

富田和美
富田和美
/ Kazumi Tomita

ナチュラルセルフケアコーディネーター
ヒーリングサロン和草 オーナーセラピスト
フェイシャルリフレクソロジスト

外資系コスメブランド、日系コスメブランド、大手エステサロン等、25年以上に渡り美容業界に携わる中、30歳過ぎに経験した極度の肌荒れをきっかけに肌を活かすスキンケア知識を独自に探求。ホメオスタシスを重視するライフスタイルをコンセプトに、「うるおい」を主眼においたセルフケアとここちよく暮らす衣食住の提案を行っている。2015年にオープンした「ヒーリングサロン和草〜nico*gusa〜」での個人セッション、全国各地でのビューティーワークショップ、大手百貨店でのイベントディレクター等ヘルス&ビューティーライフを切り口にしたさまざまな活動を展開。スペインIR認定ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジスト。
https://r.goope.jp/nico-gusa